代表あいさつ|機密文書(廃棄/処理)なら抹消仕事人

代表あいさつ

title_co_01 日本中のオフィスに安心して、 喜んでご利用いただけるサービス それが私たちの願いです

川﨑 直人 株式会社日本シュレッダーサービス 代表取締役

川﨑 直人(KAWASAKI, Naoto)株式会社日本シュレッダーサービス 代表取締役

皆様はじめまして。
抹消仕事人最高責任者の川﨑直人です。

この度、このサイトをご訪問いただき、あなたにお会いできましたことを大変に嬉しく思います。

2005年4月の個人情報保護法施行。この時から企業の情報セキュリティに対する意識は一変しました。

情報漏洩対策が強化され、それまでは古紙や紙クズとして扱われた書類についてもシュレッダー処理が励行されています。

当社はおよそ30年間に渡って機密文書の情報抹消を専門に行っているプロフェッショナルな会社です。したがって、個人情報保護法の施行前と施行後の世の中の変化を、誰よりも近い場所でリアルに経験してきました。

  • 毎日のシュレッダー負担の増加
  • 厳しくなる情報セキュリティ対策

このような事情から、近年、当社のようなサービスに対するニーズは一段と高まっています。

コストを抑えつつ安全で効率的な書類管理を実現することは、現代の企業経営にとって大きな課題のひとつです。

当社は機密文書の情報抹消を請け負うプロとして、非常に多くのご相談を受ける立場にあります。
お客様からのご要望とご相談、お問い合せなど、1日平均10件はお話を伺います。
ひと月20営業日で200件。年間にすると2,400件です。

そして、年間2,400件ものご相談は、すべてノウハウの蓄積となり、サービスとしてお客様に還元します。当社は、機密文書の処理に関わる、およそ30年間の実績と経験の中で、お客様からいただいたたくさんの声を財産として、お客様と一緒にサービスの改善を続けてきました。そして、抹消仕事人は、今でも進化を続けています。

現在ご利用いただいているお客様は、一部上場企業から社員数名のオフィスまで様々です。
これは、処理の安全性だけでなく、スピードと利便性に優れたキメの細かいサービスが提供できている結果だと考えています。

抹消仕事人は「機密文書の情報抹消」をただ唯一の目的としています。自社で大型シュレッダーを所有している強みを生かして、コストを抑えた安全性の高いサービスを実現しています。

そして、これからも機密文書の情報抹消を専門に行っているプロとして、ノウハウを出し惜しみなく提供し、日本中のオフィスが安心して利用できる書類廃棄サービスを追及し続けます。

オフィスにおけるムダと非効率を改善し、オフィス生活のあり方を進化させること、お客様の収益向上に貢献すること、オフィスに笑顔が増えること、それが私たちの願いです。

大切なご縁に感謝いたします。どうもありがとうございます。

◆        ◆        ◆

【川﨑直人プロフィール】
上智大学経済学部出身。
大学卒業後、みずほ銀行(旧第一勧業銀行)に入行。
2003年に㈱日本シュレッダーサービスに入社。2007年、代表取締役就任。

ブログを更新中! 人生まるごとありがとう!川﨑直人のワンダフルライフ


お電話一本で問題解決!

お気軽にお問い合わせください

0120-88-4512

受付 平日(月〜金)9:00〜17:00

株式会社日本シュレッダーサービス

お問い合わせ資料請求はコチラ!