様々な紙を処分するシュレッダー!機密文書の処理は任せられる?

2015年2月24日

企業の機密文書について、自社の社員にシュレッダー処理を任せるのは不安でしょうか?

会社にあって便利な物と言えば、様々な紙を処分することが出来るシュレッダーですよね。書類などを、あっという間に処理出来るのが強みですが、重要な機密文書までもシュレッダーで処理することもあるのでは?処理を任せるのが同じ会社内の社員であった場合、少なからず紙面を見る可能性もありますし、もしかしたら信用出来ない場合もありますよね。
そこで、機密文書をシュレッダーで処理することを、社員に任せられるのかどうか、アンケートを取ってみました。

【質問】
【オフィス勤務経験のある方】企業の機密文書について、自社の社員にシュレッダー処理を任せるのは不安でしょうか?

【回答数】
不安:33
気にしていない:67

そこまで気にかけられない?気にしていない人は約7割!

アンケートの結果によると、約7割の人が処理を任せることを気にしていないと回答していました。

・何事も信じないと始まらないし、疑っていたら仕事とか人付き合いなどできないから。
・自社の社員ならその点も自覚しているのではないか。そんなに心配なら自分でシュレッダー処理すべき。
・自分自身がやっても失敗する事もあるし、そんなことを言っていたら、みんな自分でしなければならなくなるから。
・そんなことを全て気にしていたら、誰にも仕事は任せられなくなる。

社員を信じなければ、仕事も人付き合いが成り立たないことはもちろん、社員に仕事を任せることも出来なくなるという考えが非常に目立ちました。
機密文書を少しでも見られる可能性があるとはいえ、そこまでして社員を疑うようであれば、会社としてやっていくのは難しくなっていくと思われます。
社員全員で助け合っていくのが、会社として成功する方法の1つなのではないでしょうか。

今の時代、社員が何を考えているか予測しづらい?

そして、機密文書の処理を任せるのは不安だと思う人は約3割でした。どんな点を不安に思うのか、理由を紹介していきます。

・社員は個人情報を漏洩しないことになっていても、裏で何をするかわからないです。
・自分に責任がある場合は、人に任せず、自分で処理したほうがいいから。
・自分はすごく心配性で、そういう大事な情報が記載されているものの処理は自分で行いたい。
・自社の社員であろうと、今は誰が何をしでかすかわからない時代なので不安になると思う。

社員に機密文書の処分を任せた以上、情報を知られて漏洩に至ることがないとは言い切れないようですし、重要な情報なら自分で責任を持って処分するという傾向があることが見て取れました。
いくら自社の社員であっても、社員一人一人が何を考えているかまでは分かりませんし、絶対に漏洩しないという保障はどこにもないと考えるようです。少しでも不安に思うなら、自分で処理した方が一番安心出来るというのも、確かなことなのかもしれません。

信用が重要とはいえ、そこまで気にしてたらキリがない?

アンケートの結果では、半数以上の人が機密文書の処理を社員に任せることを、あまり気にしていないようですが、漏洩などを恐れて自分で処理する人も少なからずいるようでした。

気にしていない人は、自社の社員だからこそ処理を任せることを不安に思うようでは、会社として成り立たないと感じているようですが、社員が何を考えているかまでは完全に分かるわけではないと考えられます。

漏洩される危険がどこかに潜んでいる可能性はありますし、処理を任せることを心配に思ったなら、自分で責任を持って処理をするか、信用性の高い代行サービスにお願いした方が良いかもしれませんね。

調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2015年2月4日~2月11日
有効回答数:100サンプル


関連記事

Top